海外FX会社で口座を開く3つの利点

fx

副業ブームとなっている現在の日本において、「FX」という言葉をよく耳にするようになりました。

FXとは、正式には「外国為替証拠金取引」といい、世界の国々の通貨を交換する取引のことを言います。

そんなFXの世界において、投資情報を見ていると、「海外FX」で大きな利益を出しているトレーダーも多いように思えます。

海外FXは、国内FXとは、いったい何が違うのでしょうか

国内FXと比較して、海外FXが優れている点があるのか、気になりますね。

この記事では、そんな「海外FXで口座を開く利点」について解説していきたいと思います。

海外FXの利点1「高レバレッジで大きな利益を狙える」

海外FXの最大の利点として考えられるのは、何といっても高レバレッジという点でしょう。

国内FXには最大レバレッジ25倍という制限があるのに比べて、海外FXは最大3000倍までの高レバレッジ(レバレッジ比率は証券会社次第)が可能です。

「投資額が少なくても大きく利益を出したい」と考えるトレーダーに、高レバレッジはとても魅力的でしょう。

海外FXの利点2「ゼロカットシステムで安心の取引ができる」

海外FXには「ゼロカットシステム」があるので、口座残高がマイナスになりません。

これも大きな利点です。

特に、FXはやりたいけど、資金がマイナスになってしまっては生活が苦しくなってしまうという人には最高のシステムといえるでしょう。

「ゼロカットシステム」とは、損切りが間に合わず口座残高がマイナスになってしまった場合に、そのマイナス分を海外FX業者が負担して口座残高を0にリセットしてくれる「FXトレーダーを負債から守る制度」です。

国内FXの場合はゼロカット制度がない為、残高がマイナスとなると追証として、マイナス残高分を支払わなければならず、結果として破産に追い込まれるケースもあります。

ゼロカットシステムがあれば、口座がマイナスにならないという点で安心できますね。

海外FXの利点3「NDD方式なので取引が明瞭である」

海外FXは、トレード方式において「NDD方式」を採用しており、明瞭なレートで取引できることも利点です。

「NDD方式」とは、No Dealing Desk(ノーディーリングデスク)の略称。

顧客の注文を、FX会社を介さずインターバンク市場に流す方式です。FX会社がレート操作をする余地がないため、最適な為替レートで取引ができます。

国内FXは、「DD方式」を採用しています。

「DD方式」とは、Dealing Desk(ディーリングデスク)の略称で、顧客とインターバンク市場の間に国内FX会社が入り、レートの提示を行います。

国内FX会社がレートの提示をするため、そのレートが最安か、適正か、きちんとインターバンク市場に流されているのかを知ることはできません。

DD方式はNDD方式に比べて不透明のため、国内FX会社が「レート操作して顧客に不利益を与えているのでは」と疑念が持たれています。

国内FXの「ストップ狩り」や「約定拒否」などの疑惑は、このDD方式のために生まれています。

直接、インターバンク市場に注文を流し取引ができるNDD方式は、多くの海外FXトレーダーに支持されているのです。

まとめ

今回は、海外FX会社で口座を開く利点について解説してきました。

最後に、海外FXで口座を開くことの利点をまとめてみます。
・高レバレッジ
・安心のゼロカットシステム
・NDD方式で明瞭取引

海外FXは、上記のように国内FXと比べて多くの利点があり、大きな可能性を持つ選択肢といえるでしょう。

海外FXは、高レバレッジなので、地道に負けて、大きな利益をたまに出す!毎日コツコツ稼ぐどちらの手法にも対応できます。

FXをこれから始める人も、経験はあるけど大きな利益は出せていないという人も、ぜひ海外FXを試してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました