FXをNISAと組み合わせる

fx

FXは博打では無く投資

数年前バイナリーが流行りだしてからまるで未来が見れるかのような必勝法を唄う商材が散見されるようになりました。

必勝法云々の評価はおいといてバイナリーは所詮、博打です。放っておきましょう。

息が長い FX商材といえばMT4を使った自動売買の類でしょうか。

はっきり言い切りますと月曜日から土曜日まで24時間を自動で勝てるEAはありません。

バックテストで勝っているのは全く意味がありません。後出しジャンケンなのでやりようはいくらでもあるんですね。

まだギリギリで曜日と時間を絞っての稼働で数種類のインジケーターのラグランジュポイントをエントリーとしマーチンゲール&ナンピンでなら無くはないかな、くらいでしょうか。

FXだけで利益を出す手法を調べて実践してみるとほとんど時間はチャンスまで待っているだけです。

為替取引だけではないTITAN FX

昔と違いFX業者は商品、指数の取引も出来ます。

TITANFXはダウやナスダック、日経などの指数や金やオイルなどの商品も取引できます。

もちろん価格変動を狙い取引する事で利益を狙うこともできますが

海外FX口座を使う事で日本の証券会社で購入している株式,nisaやidecoなど

買いでしか入れない株式や商品のヘッジをレバレッジを駆使し少額で行う事ができるのが利点だと私は思います。

例えば今回のコロナショックの際sp500を淡々と積み上げたNISA口座があったとします。あの時は皆、不安な週末を迎えると分かっていました。

こんな時は積立額が100万だったとしたらレバレッジ500倍の口座に1万円だけ入れて2千円だけショートすれば不安な週末は迎えずにすみます。

初めて口座を開く方も使いやすいインターフェイスのTITANFXです。

タイトルとURLをコピーしました